里馬の森からー映像で伝える森を活かす古くて新しい技術・馬搬

国・地域
日本
2016年
プロデューサー
尾立 愛子 エクゼクティブプロデューサー:小泉 修吉
監督
尾立 愛子
時間
60分
制作
くりこま高原・地球の暮らしと自然教育研究所・グリーンイメージ国際環境映像祭実行委員会 助成:三井物産環境基金
配給

今や、日本各地でかつてはどこにでもあった人と馬がともに暮らす姿は、ほとんど見ることはできなくなった。山から、木を馬とともに搬出する「馬搬」を生業とする「馬方」は、馬搬が盛んであった東北地方でも岩手県遠野の職人とその弟子の2人だけとなり、全国でも数名を残すのみである。50年ほど前までは、人と馬が一つ屋根の下でともに働き暮らしていた。機械に頼らず、山や自然を壊さない生き方が注目されている今、わずかに残る昔ながらの馬との暮らしや文化を1年に渡り記録した作品。