消えたハチ – 自然からの救難信号(仮題)

国・地域
台湾
2014年
プロデューサー
LAI Yen-Ming
監督
郷 有人
時間
51分
制作
Public Television Service Foundation
配給
国際共同制作品「Toxic Bee-自然からのメーデー(救難信号)」は、近年に起こった蜂の集団死亡(蜂群崩壊症候群(ほうぐんほうかいしょうこうぐん)Colony Collapse Disorder、CCD)の科学的調査を基に制作した科学ドキュメンタリーである。この作品は台湾の世界トップレベルの研究の追跡と分析をおこなうもので、世界中の最新の科学者による検討がおこなわれる。本作品では農薬がもたらす環境とADHD(注意欠如・多動性障害)を含む人体の健康への深刻な影響を探る。