農薬禍

国・地域
日本
1967年
プロデューサー
監督
小泉 修吉
時間
39分
制作
グループ現代
配給
グループ現代
長野県南佐久地方の農村地帯に、1966年春か ら秋にかけて、佐久総合病院を拠点に、「農薬禍」の問題を探ったドキュメンタリー映画。病虫害防除に決定的な役割を果たした”新農薬”の裏には、目に見えぬ恐ろしい公害があった。本作は何らの先入観無しに、農業シーズンの間に生起した事実の追求を通じ、問題点を摘出し、考察する素材を提供する作品である。農薬が自然と人間にもたらす影響を告発した、環境映像の先駆け。