武蔵野―江戸の循環農業が息づく

国・地域
日本
2018年
プロデューサー
鈴木 敏夫
監督
原村 政樹
時間
111分
言語
製作
映画『武蔵野』製作委員会
配給
映画『武蔵野』製作委員会

江戸時代から360年以上に亘って継承されてきた循環農業が今も息づく埼玉県川越市・所沢市・三芳町などの北武蔵野地域には、世界でも他に例のない大都市近郊の平地林が残っている。農民たちはこの平地林を「ヤマ」と呼ぶ。「ヤマは暮らしに必要なものを分け与えてくれる。ヤマがあるからこそ、人は生きていける」と、今も先祖が残してくれたヤマの落ち葉を集め堆肥にして畑に施し農作物を育てている。本作品では、その農家の働く姿や、ヤマを現代的に活かそうとしている人たちの真摯な取り組み描き、家族とは、仕事とは、地域とは、そして私たちを取り巻く自然環境のあり方を問うた。ややもすれば殺伐とした現代社会に生きる私たちが、「人間らしさを取り戻したい」との願いに、ヒントとなるような作品である。